2010年6月28日 (月)

英国ロイヤル・バレエ「うたかたの恋」

実は初英国ロイヤル観劇でした。
「うたかた〜」も初めてでしたが。

最近はドラマチックバレエが自分のブームです。
数年前はオリエンタル系「海賊」や「バヤデルカ」がブームでした。

「うたかた〜」は、本当にもう、胸がいっぱいになりました。
ルドルフのクレイジーな激情に飲み込まれてしまって。
理屈では割り切れず、夢だけでは生きられず。

ラスト、墓場のシーンは怖かったです。。。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

第12回 世界バレエフェスティバル〜Bプロ〜

初の世界バレエ観劇でした。
4時間となる公演は見ている側もある意味耐久(笑)
舞台を見に行った直後は、余韻に浸っているのでついつい次の公演のチケットに手が伸びてしまいます。我慢しようと思っていたものにまで手を出しちゃったり。
今もパンフレットを見ながらスケジュール帳とにらめっこ中。

それでは、ざっくりと感想を。

続きを読む "第12回 世界バレエフェスティバル〜Bプロ〜"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

東京バレエ団45周年特別プロ

1週間遅れとなりましたが、感想を書き留めておこう。

最近は仕事が忙しすぎて、平日の舞台はまず無理なので情報収集をしていませんでした。
槻矢さんにお誘いいただかなかったら、フォーゲル君とサラファーノフ(…なぜかサラファーノフには君つけないな;)の共演舞台を見逃すところでした!


「エチュード」、もしかしてこの演目、生では初見かも。
エトワールとしてフォーゲル君とサラファーノフがこれでもか!とテクニックを見せつけてくれました。
フォーゲル君のテクニカルなのにあくまでエレガントで王子な跳躍、サラファーノフの相変わらずなやんちゃ坊主っぽい威勢の良いピルエット。もうどちらを見たらいいのやら。
今年はマリインスキーも来日するのよね。マリインスキー贔屓の私です、絶対見に行かなくては!!

この「エチュード」は東京バレエ団のコールドも素晴らしかった!!
終盤に向けてどんどん盛り上がって行く様子が本当に良かったです。


それで気力を使い果たしたか、申し訳ない、2作品めのノイマイヤーの「月に寄せる7つの俳句」は少々眠りの世界へと誘われてしまいました。。。


3作品めの「タムタム」はエネルギッシュな舞台でとても楽しめました。打楽器奏者の方がとてもハイテンションで、時々舞台のダンサーよりも気になってしまったり(笑)1度演奏している打楽器が転倒しそうになって手で押さえていました(演奏には影響なし!!)


久しぶりのバレエの舞台、楽しかったです!
実は舞台のあとにちょっとしたお楽しみがありました♪♪
そこで分かったのは、フォーゲル君の優等生ぶりとサラファーノフの英語がちょっぴり苦手なこと。ちなみに、背の高さはフォーゲル君がちょっとだけ高いくらい。サラファーノフって舞台で感じるより背が高いです。でも細い!

次は世界バレエフェス、見に行けたらいいなぁ。
そして秋はマリインスキーですね!
(ほんとはデンマークとか色々行きたいんですけどねー)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

「ミス・サイゴン」@帝国劇場

招待券をいただいので、ミュージカル「ミス・サイゴン」を見てきました。
仕事が終わらずに最初の20分くらい見れず……キムとクリスの結婚式から見ました。


エンジニア:別所哲也
キム:新妻聖子
クリス:藤岡正明


原曲が英語のものに日本語の歌詞をつけたミュージカルはあまり馴染めないのですが、それでもキャストの素晴らしい歌唱力とストーリーに思わず涙するほどに感動しました。
新妻さんの歌声は特に素晴らしかった!!
藤岡さんの声もすごく深みがあって好みだったし。

舞台装置もモダンで、場面転換も面白かったです。


帝国劇場、初めてだったので、客席で飲食していることにびっくりしたり。
バレエとはまた客層が違ったり。


そういえば、昨シーズンのキムユナが「ミスサイゴン」でしたね。
歌詞がないから分かりづらいかもしれませんが、また見直してみよ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月31日 (木)

熊川、再び「海賊」降板

なんとも衝撃的なニュースが…

公式HP

30日からはじまった「海賊」ですが、ぎりぎりになって手術を余儀なくされる怪我で降板となったようです。

ものすごくショックです…。なぜよりにもよって再び「海賊」で…。
熊川哲也の怪我がしっかり治りますように…


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

ABT「海賊」

夏の(私的)バレエ祭り初回は、ABTのお馴染みレパートリー「海賊」です。
2006年秋にマリインスキーで初めて「海賊」を見て以来、レニングラード、Kバレエと数を重ねてすっかり大好きな演目になっています。
主役が男女2人という型ではなく、ソリスト級のダンサー達が一同に会してみられるのも嬉しいし、それぞれの登場人物にキャラクター性があるし、男性ダンサーが大活躍だし。登場人物が多い分、初めて見るときはストーリーについていけなくなったりしますが、今回は展開やキャラクターの違いなどまでじっくり楽しむことができました。

ほぼ満席な会場でしたね〜。

---------------------------------------------------------------

コンラッド:ゲンナジー・サヴェリエフ
ビルバンド:ミハイル・イリイン
アリ:エルマン・コルネホ
ランケデム:サッシャ・ラデツキー
メドーラ:ジリアン・マーフィー
ギュリナーラ:マリア・リチェット

---------------------------------------------------------------

続きを読む "ABT「海賊」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

アンヘル・コレーラ降板

明日からはじまるABT来日公演、なんとアンヘル・コレーラが怪我で降板だそうです…

私は来週のチケットをとっていましたが、お目当てはアンヘル・コレーラだったんですよね。今まで見たことがなくて…。

モリコロのブライアンのアウトといい、最近ついてないな…

この夏はいくつかバレエのチケットをとってあるのですが、残りの公演で無事に出演者が揃いますように!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

BS2にて「スパルタクス」放送

先日、NHK-BS2で、ボリショイ・バレエ団のパリ・オペラ座ガルニエ宮での公演(2008年1月)収録が放送されました。
全幕では以前に日本公演で1度だけ見たことありますが、なかなか全幕で見る機会のない作品です。でも、大好きな舞台でDVDも購入しましたが、こうして新しい舞台を放送してくれるとは嬉しいですね。

やっぱり男性のコールドが迫力あっていいですね〜。
スパルタクスも素敵。

また時間を見つけてじっくり見よう…♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

パリオペラ座バレエ団「ル・パルク」

久しぶりのバレエ鑑賞でした。
仕事をはじめてから予定がたたないのでどうしても土日限定です。
年に数回足を運ぶ舞台はどうしてもロシア寄りな私でしたので、多分ちゃんとパリオペラ座バレエ団を見たのは初めてです。どうしてもルグリを見たくて今回のチケットをとりました。


なんの前知識もなく、チラシを見てなんとなくモダンな作品だし途中で退屈に思っちゃったらどうしよう…なんて思っていたのですが、そんなのとんでもない!!ちょっとコミカルで、エロティックで。モーツァルトの音楽に彩られて、クラシカルで様式的ながらも男女の感情表現がされた素敵な舞台でした。

続きを読む "パリオペラ座バレエ団「ル・パルク」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

Kバレエカンパニー作品、TBSチャンネルにて放送中

4月以降の予定がたたないので、最近はまったくバレエのチケットを取っていません…。
そういえば第九で熊川が復帰だったなぁとKバレエカンパニーのHPに行きましたら、なんとCSのTBSチャンネルで古典作品5つを放送中とのこと。そういえば、KバレエカンパニーのDVDもTBS系からの発売だったような…。
残念ながら、第1弾の「ジゼル」は見逃してしまいました…。また再放送してくれるかしら。

残りの4作品についての放送予定です。→TBSチャンネルのHP

「白鳥の湖」 3/15(土) 20:00〜22:00
「コッペリア」 3/22(土) 20:00〜22:00
「ドン・キホーテ」 3/29(土) 20:00〜22:00
「くるみ割り人形」 4/5(土) 20:00〜22:00

ドンキはDVDを持っているのですが、コッペリアやくるみ割りはまだ舞台でも見たことがないので楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)