2009年11月23日 (月)

「2012」

公開初日に見てきました!!
もちろん、Adam Lambertが歌う主題歌が一番のお目当て、ではありますが。

普段なかなかこの手の大作系は見に行こうと思わないのですが、
やはり大きな映画館で見ると面白いですよね。
家の小さなテレビで見ているとしらけてしまうような「ありえない」ことも、
映画館なら結構色々どきどきして涙しながら見てしまいます。
(私、動物ものには特に弱いです。。)
アダムの主題歌が流れた時は涙ぽろぽろ流してましたけどね(笑)
なんか大音量でアダムの声聴いていたら、「ここまで来たんだなぁ」て感動してしまって。。

以下はちょびっと映画の中身の感想です。(ネタバレ)

続きを読む "「2012」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

「サマーウォーズ」

すっかり秋な趣きの日々ですが、まだ見ていなかったこの映画を見に行ってきました。
「時をかける少女」が大好きだったので、これも良いだろうと思ってました。


…想像以上でした。
途中で涙がとまらなくなって、見終わったあとは心地よい疲労感。
いい映画って、あのエンドロール中に感じる疲労感が何とも言えないです。

劇場に見に行って良かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」

03


私の大好きな森博嗣原作。そして押井守監督(ちゃんと作品見たことないです…)の「スカイ・クロラ」。ハードカバーで本が出版されたのが2001年、初版で購入しましたが、実はまだ未読だったり…。
ブックデザインがこれまた大好きな鈴木成一さんで、いずれ5作シリーズをハードカバーで揃えたいです。


<あらすじ>(Yahoo!映画より)
永遠に生きることを宿命づけられた“キルドレ”と呼ばれる子どもたちが暮らす、もう一つの現代で、彼らは“ショーとしての戦争”で戦闘機に乗って戦っていた。戦うことで生を実感する日々を送る中、元エースパイロットの女性指揮官・草薙水素(菊地凛子)と基地に赴任してきたエースパイロット・函南優一(加瀬亮)が出会う。


満足度:★★★★☆

続きを読む "「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」

2

ノラ・ジョーンズ主演の映画。
ジュード・ロウやナタリー・ポートマン、レイチェル・ワイズも出ていて豪華でした。

正直、「プライスレス」との2本立てを仕事帰りに見たので、もうこのときは眠かったです(笑)。
でも、映像美やナチュラルさ、傍役達の素晴らしい演技、良質な映画だと思います。


満足度:★★★☆☆


<あらすじ> (Yahoo!映画より)
恋人の心変わりで失恋したエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は、元恋人の家の向かいにあるカフェに出入りするようになる。毎晩、ブルーベリーパイを用意してくれるオーナー、ジェレミー(ジュード・ロウ)と話すことで、徐々に慰められていくエリザベス。しかし、どうしても終わった恋を引きずってしまう彼女は旅に出る決心をする。

続きを読む "「マイ・ブルーベリー・ナイツ」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「プライスレス〜素敵な恋の見つけ方」

1


仕事帰りに見てきました。
オドレイ・トトゥ主演のフレンチ・ラブ・コメディ。

満足度:★★★☆☆


<あらすじ> (Yahoo!映画より)
金持ち男との結婚を夢見る美しいイレーヌ(オドレイ・トトゥ)は、恋人と訪れたリゾート地のホテルで、ウェイターのジャン(ガッド・エルマレ)を億万長者と勘違いして一夜をともにしてしまう。1年後、再び訪れたホテルでジャンの正体を知ったイレーヌは、ジャンのことを散々利用する。しかし、ジャンは金持ちの未亡人(マリ=クリスティーヌ・アダム)に拾われ……。

続きを読む "「プライスレス〜素敵な恋の見つけ方」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

「マジックアワー」

三谷幸喜の最新作。
実は「ラジオの時間」と「みんなの家」はちょっと見たけどそのときはピンと来なくて、「THE有頂天ホテル」は映画館で大いに笑わせてもらったので、「マジックアワー」も楽しみに見に行きました。


満足度:★★★★☆

続きを読む "「マジックアワー」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

「バンテージ・ポイント」

01

入社して以来の定時帰宅で、映画を見に…
見たかった「バンテージ・ポイント」です。

<あらすじ> Yahoo!映画より

シークレットサービスのトーマス・バーンズ(デニス・クエイド)は、同僚のケント・テイラー(マシュー・フォックス)とともに、スペインのサラマンカで開催される首脳会談に出席するアシュトン米大統領(ウィリアム・ハート)の警護にあたっていた。サラマンカ到着直後、大群衆を前に広場でテロ撲滅のスピーチを行うアシュトン大統領が突然、何者かに狙撃される。パニック状態に陥った広場の中で、狙撃の瞬間を目撃した8人は……。


満足度:★★★★☆

娯楽作品として、すごく楽しめました!

続きを読む "「バンテージ・ポイント」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

「ジャンパー」

1

先行上映で見に行ってきました。
なにしろ、ヘイデン・クリステンセン、ジェイミー・ベル、レイチェル・ビルソン(The O.C.のサマー役)と大好きな俳優が総出演!ストーリーも好みで、とにかく早く見たい、というわけで平日唯一先行上映している有楽町へ。


<あらすじ>
高校生のデヴィッドはある日自分にテレポートする能力があることに気づく。瞬時に離れた地点に移動できるのだ。5歳の頃に母が家を出て、酒を飲む父と2人で暮らしていたが、この能力を使ってお金を盗み、1人で生活を始める。行きたいところへ行き、ほしいものを手に入れ、すべては思うがままだった。
しかし、この能力はデヴィッドだけのものでなく、世界には彼と同じようなジャンパーと呼ばれる人たちがいた。さらにそのジャンパーを抹殺しようとする組織も存在し、デヴィッドはついに狙われることとなる…。


満足度:★★★☆☆

続きを読む "「ジャンパー」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

「エンジェル」

1


続いて、フランソワ・オゾン監督の作品。
見始めて、「おお、英語だ!」とびっくりしましたが、監督にとっても初の全編英語作品だそうです。

<あらすじ>
1900年代初頭のイギリス。貧しい生活の中、エンジェル・デヴェレルは学校をさぼりながら小説を書き空想にふける少女だった。16歳にしてロンドンの出版社から作家デビューとなり、彼女は夢見ていた通りの成功を手に入れる。ほしかった邸宅を手に入れ、作品は劇化された。そんなとき、彼女は画家エスメに恋をし、ついに結婚する。すべてが彼女の思う通り、望む通りになったはずだったが…


満足度:★★★☆☆

続きを読む "「エンジェル」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ある愛の風景」

01


朝早起きして見に行った甲斐がありました!素晴らしかったです。
やっぱり映画っていいなぁ。

これはデンマークの女性監督スサンネ・ビアの作品です。見たことはなかったのですが、気になってはいた「しあわせな孤独」や「アフター・ウェディング」の監督なんですね。今度他の作品もチェックしてみます。


<あらすじ>
軍人ミカエルは妻サラ、2人の幼い娘と幸せな生活を送っていた。ある日アフガニスタンへの派遣が命じられ、サラや子供達、両親、弟との食事会を経て出発する。そして、アフガニスタンで捕虜の救出に向かう最中に彼の乗ったヘリが撃墜された。
サラ達家族の元に届く訃報。それぞれがそれぞれにそのことを受け入れようとする。憔悴したサラや娘を支えたのはミカエルの弟ヤニックだった。前科があり家族からも孤立していたヤニックだったが、次第に姪達ともなじむようになり、サラとも心を通わせていく。
一方、アフガニスタンでミカエルは捕虜となって生き延びていた。過酷な生活を乗り越え、彼は遂にデンマークの家族の元へと帰還するが、アフガニスタンでの経験は彼を大きく変え、やがてそれは狂気となり…


満足度:★★★★★

続きを読む "「ある愛の風景」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)