« NHK杯スタート | トップページ | ブライアン、怪我でGPファイナル欠場! »

2009年11月23日 (月)

「2012」

公開初日に見てきました!!
もちろん、Adam Lambertが歌う主題歌が一番のお目当て、ではありますが。

普段なかなかこの手の大作系は見に行こうと思わないのですが、
やはり大きな映画館で見ると面白いですよね。
家の小さなテレビで見ているとしらけてしまうような「ありえない」ことも、
映画館なら結構色々どきどきして涙しながら見てしまいます。
(私、動物ものには特に弱いです。。)
アダムの主題歌が流れた時は涙ぽろぽろ流してましたけどね(笑)
なんか大音量でアダムの声聴いていたら、「ここまで来たんだなぁ」て感動してしまって。。

以下はちょびっと映画の中身の感想です。(ネタバレ)

この映画はまあ、世界の終焉という、テーマとしてはありがちなのですが、
面白いのは終焉そのものを防ごうとはしないということ。
主人公の地質学者が政府関係者に「世界の終わり」の発見を訴える。
よくあるのはお偉方は「そんなわけない」と無視するところなんですが、
真剣に対応し、着々と2012年に向けて準備をする。
そういうところに時間をかけず、人間関係に時間を費やしていたのが良かったです。
また、生き残る手段がSFチックだったのも、私的には好みでした。
ただ、もうちょっと生き残ってほしかった人は何人かいましたが。

でも、2時間半、だれることなく楽しめました。
たまにはこういう映画も良いもんですね。

|

« NHK杯スタート | トップページ | ブライアン、怪我でGPファイナル欠場! »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「2012」:

« NHK杯スタート | トップページ | ブライアン、怪我でGPファイナル欠場! »