« 番組と音楽 | トップページ | 日本の雑誌も海外の雑誌も »

2008年2月 6日 (水)

今夜も勝負

慢性的に眠い毎日です。
書きかけの記事もたくさんあるのですが、全部放置気味…。

スケートレッスン2回分。
ダンスアイドル感想2回分。
ユーロに全米の感想。
デスパの感想。

いつになるか分かりませんが、アップはしたいです。



ちょっととりとめもないお話を。

今夜は研究室に泊まり込みです。
夕方スタバで30分リフレッシュして、体力&モチベーション補給。
カフェモカ+マシュマロ、お供は先日購入したBLADES ON ICEです。

08febcover

最近は海外雑誌に手を広げすぎています。International Figure Skating、Spotlight on Skating、Patinage。そして、今回はブライアン表紙ということでBLADES ON ICE。
IFSの方が雑誌として洗練されているなぁという印象はあり、BLADES ON ICEは記事がみっちりと詰まったまじめな印象。
今回のメインは、ブライアン、デロション、佐藤有香さん、サーシャ・コーエン。その他、パトリック・チャン、アシュリー・ワグナー、ケヴィン・ヴァン・デル・ペレンのプロフィール、アイスショーレポ、モロゾフの記事、GPSの詳細なレビューなど。

英語なので読むのに時間がかかります。海外雑誌は買っても実はあまり読んでいなかったり(笑)

ショーのレポに、Capital One Holiday Celebration on Ice(通称クレイ・オン・アイス…笑)がありました。
このショーはクリスマスにテレビ放送されたわけですが、ショーそのものは空席が目立ったようです。さらに来ているお客さんの多くがクレイ目当てだったとか。それでも観客達はスケーターに対しても惜しみなく拍手を送ったそうです。
でも、TV放送ということで、スケートファンとクレイファン、カメラがスケーターを映すのかクレイを映すのか、という点では双方の望みは異なるわけです。
そんなことに記事は触れていました。

ミュージシャンとアイスショーのコラボ、というのはミュージシャンのファンを引っ張ってくるという点で、興行的に意味があると思うのですが、スケート人気が低迷していると言われているアメリカ、なかなか複雑な気分になります。コラボそのものは素晴らしいのですが、そこに頼らないとショーが成り立たなくなるのだとしたらつらいですね。
観客の間でのデュブローさん達の知名度が低かったそうですが、プログラムが終わる頃には拍手を受けていたこと(彼らの競技への復帰についても触れられていました)、サーシャはジャンプでの転倒があってもやっぱり人気者だったこと…などが書いてありました。ふむふむ。

アイスショー。難しいですね。
日本は空前のスケートブームで、多くのショーや試合ではチケット争奪戦が繰り広げられています。それはやはり日本の選手が世界のトップクラスにいるからだと思うのですが、さて、もし今後そういう状態でなくなってしまったら、どうなるでしょう。
私はきっと一生涯スケートが好きだと思いますし、ずっと試合もショーも見ていきたいと思います。でも、こういうコアなファンだけでなく、「彼女、彼が出ているから見たい」といったライトなファンも足を運んでこそのショーや試合だと思います。
スター選手に頼るのではなく、ひとつのエンターテイメントの選択肢として、アイスショーがあれば、というのが私の理想です。アマチュアの試合というのはまた別だと思いますが。
しかし、先日はレニングラードバレエの舞台でのルジマトフ人気、おそらく彼が出演しないことによる空席率…というものも見て(平日だったからかな…)、芸術として確立されているバレエもやはりスターダンサーがいてこそ…というところもあるなぁと思いました。Kバレエカンパニーの熊川もまた然り。実際、自分自身も見たいダンサーで公演を選ぶことが多いですしね。
でも、やはりバレエという文化が世間的に認識されている、ということが大事なのかな。
う〜む。難しいですね。

末永いフィギュアスケートという競技の繁栄のために、連盟、マスコミには注意深く見守っていってほしいな、と思います。もちろん、観客としての私も、ですね。
そういえば、観客の盛り上がり方で知られているカナダ、先日のナショナルのパトリック・チャンの演技をYouTubeで見ていたのですが、演技が終わってキスクラに行く途中でインタビューを受けていましたね。いつものことなのか分かりませんが、これもなかなかすごい…
アマチュアでも、マスコミとの付き合い方というのは常に大切になってくるもんですね。これはどの国も同じ、ということでしょうか。


アイスショーといえば。
ヨーロッパ選手権が終わって、ヨーロッパの選手達はワールドに向けて準備をしつつショーに出演…といったところのようです。ヨーロッパのアイスショー事情ってどうなんでしょうね。フランスはTEB杯という競技すらショーとして力を入れているように見えますが(笑)

YouTubeでブライアンの最近のショーを見つけました。
これもまたミュージシャンとのコラボのようで、スケートがちっとも映らん…

ブライアン&ヴァレンティナインタビュー
おそろいの衣装。なんかこういう色合いの衣装ってブライアンには珍しい?このラブパワーをワールドにぶつけてください(笑)。ヴァレンティナはフランス語喋るのね。
しかしママさん、よく映るなぁ…

All for youインタビュー
ジャンプの力強さは戻ったのかな。リンクが狭そうです。
インタビューは、フランス語さっぱりなので分かりません(笑)

それにしても、去年のワールド後くらいのインタビューではプライベートは守りたい的なこと言っていたと思ったのですが(笑)
だいぶやせてしまったので、幸せ太り(ただし筋肉で)してくれた良いですね。


とにかく。
来週は四大陸。でもこれも終わればワールド、そしてシーズン終了。
こうして私もまた1歳年をとるんだなぁ(笑)
3月誕生日なので、ワールドとともに年齢を重ねている気持ちです

|

« 番組と音楽 | トップページ | 日本の雑誌も海外の雑誌も »

日記」カテゴリの記事

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

クレイオンアイスに爆笑!!
ケーブルテレビでも放送されたので、クレイオンアイスは、ビデオに録画しました。バレエは、ベジャールが亡くなって残念な思いです。
ところで前日、Gavinの新曲の話をしましたが、フルで聞くことができますよ。
http://www.youtube.com/watch?v=pXTr9dLECfgです。

投稿: reiko | 2008年2月 7日 (木) 14時32分

>reikoさん
こんにちは。
まさしく”クレイ・オン・アイス”、でしたよね。正式タイトルが長ったらしいので、オンエアのときから勝手に略しています(笑)
私もGavinの新曲、YouTubeでもチェックしましたよ!ニューアルバムが今から楽しみです。

投稿: 紫陽花 | 2008年2月 7日 (木) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今夜も勝負:

« 番組と音楽 | トップページ | 日本の雑誌も海外の雑誌も »