« A Happy New Year | トップページ | 初滑り »

2008年1月 1日 (火)

横浜みなとみらいホール ジルヴェスターコンサート 2007~2008

年越しはSasha嬢に誘われてジルヴェスターコンサート。私は毎年テレビ東京が放送しているコンサートを見ながら年越ししていましたが、今回は初の生コンサート、しかも大好きなみなとみらいホール!もう楽しくて楽しくて、これは毎年の恒例にしたいなぁと思ったコンサートでした。

とにかく、曲の終了とともに新年を迎えるときの興奮といったら!ちゃんと時間と曲が合うか心臓がバクバクしてしまいました(笑)。直前に指揮者の爆弾発言もあったので…

私はクラシック音楽には疎く、本当はもっと教養として身につけたいなぁ、親しみたいなぁと思うのですが、今回のジルヴェスターのリストはバラエティ豊かで、歌曲あり、オペラあり、私に馴染みある音楽もあり、司会が分かりやすく解説してくださったのでどれも隅々まで楽しむことができました。
ざくっとですが感想です。



***************************************
第1部

  □ 池辺晋一郎:ヨコハマ・ファンファーレ
    (横浜みなとみらいホール委嘱オリジナル作品)

パンパカパーンと始まったファンファーレ。「ヨコハマ」と付いているだけで嬉しくなるハマッ子です。


  □ グリーグ:組曲「ホルベアの時代より」op.40より 前奏曲

自分が習っていたピアノの最後の発表会がピアノコンチェルト・イ短調だったので、それだけの理由でグリーグには親しみを感じ、またほとんどクラシックを聴かないくせに集めているのがグリーグと同じノルウェーのピアニストのアンスネスのCDだったりするので、しみじみと聴き入ってしまいました。
曲の前に司会の朝岡さんが「冬のぴーんと張りつめた空気、星空…」というお話をされていたので、この間のクリスマスのNHK-hiで見た北欧からの生中継を思い出しました。
指揮者は飯森さん。髪がさらさらで長く、ええっとマキシムを思い出してしまいました。
ノリノリな感じで良いですね。


  □ ヴィラ=ロボス:ギター協奏曲「コパカバーナ」より 第2・3楽章

ギターって良いよねぇ。切ない、哀愁に満ちた感じ。楽器のもつ魅力が存分に感じられました。その表現の幅が素晴らしい!ギタリストは福田進一さん。やはり大きい編成での共演はなかなかないそうです。


  □ スカルラッティ:ソナタ L.23ホ長調

ピアニストは碇山典子さん。音色がクリアで素敵でした。


  □ シューベルト:「冬の旅」op.18 D911より “かじかみ”“菩提樹”

バリトンの宮本益光さん。歌曲なんて普段まったく縁がないですが、良いものですね。朝丘さんの的確な司会のおかげで曲を聴きながら色々とイメージをもつことができました。


  □ メシアン:異国の鳥たち

ものすごい選曲ですね…。朝岡さん曰く「毎日聞いていたいか、といわれると、う〜んという感じですけどねぇ」とのこと、正直なところでしょう(笑)。楽譜がどうなっているのか知りたい!私がピアノを練習するときは、基本は耳からです。まずその曲を聴いて、それから譜読みする、ということをしてきました。しかし、この曲は一度聴いても絶対譜読みできそうにありません…。
でも、色々な鳥の声がしましたよ!


  □ ロッシーニ:オペラ「セヴィリアの理髪師」より
    “序曲”“私は町の何でも屋”“私の名が知りたければ”
    “今の歌声は”5重唱"バジリオが!"

オペラを見に行きたい!!と思ったプログラムでした。それぞれの場面を寸劇っぽく小道具も登場して歌うだけでなく演じてくれました。やっぱりオペラ歌手っていうのは“役者”なんですものね。最後の“バジリオが!”は本当にコミカルで面白くて、最初から見たいな、と思いました。
しかし、バレエの上にオペラにまで手を出し始めたらやばいですよね…




第2部

  □ ブラームス:弦楽六十奏曲 第1番 変ロ長調 op.18より 第2楽章

ブラームスが20代の頃の作品だそうです。映画に使われた、ということを最初に聞いたせいか、ドイツのどんよりした空が頭に浮かびました。とはいってもドイツに行ったことはないんですけどね。ミュンヘン空港に降り立ったことがあるだけです。
でも、ヨーロッパのあの石の建物に囲まれたあの空間、やっぱり音楽にも表れるなと思いました。う〜ん、ドイツ語の映画のバックに流れるブラームス…目をつぶって想像しただけでシーンが思い浮かぶようです。(←妄想)


  □ サラサーテ:カルメン幻想曲 op.25

ヴァイオリンは徳永二男さん。すごい超絶技巧。私はド素人ではありますが、石田さんの音を聞いてしまうと、どうしても同じものを期待してしまうので大変です。これが石田さんだったら…と思うと鳥肌がたつくらいですが、徳永さんの音もとても綺麗でした。いやいや、徳永さんこそが石田さんの大先輩なんですよね、なるほど〜。


  □ ハチャトゥリャン:仮面舞踏会より"ワルツ"

スケートファンには嬉しい1曲。特にドムシャバファンでありアボットファンである私には2倍美味しい!アイスダンス(&ペア)の競技の存在が抹殺されていたGPシリーズですので(EXでは垣間見えましたが。うちで見られるのはBSまで、後日Sasha嬢から借りる予定です!)、まだドムシャバは見ていませんが、生でバーンと聞くとこれはドムシャバよねぇ♪こういうロシアっぽい、勢いのある曲が似合います!私としてはドムシャバにいずれバレエ「スパルタクス」をやってほしいな。これもハチャトゥリャンですね。クリスの孤高のスパルタクスも良いですが、カップル競技だとまたフリーギアの存在が出てきて良いのではないでしょうか…。
最初、どんな曲か知らないで聞き始めたのですが、聞いて、あら、これアボット君のワルツじゃん、ということにも気づきました。なににしろ、不思議な感じのワルツです。
この迫力ある曲を2列目で聴けたことが幸せでした。全身に音のシャワーを浴びた感じです。


  □ リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲 op.4より
     IV シェーナとジプシーの歌  V アストゥリアのファンタンゴ

これもスケートファンには嬉しいですよね。
この曲で年越し、となったわけですが、はじめる前に指揮の飯森さんが「まだリハーサルでも成功していなんです」と暴露!ファンタンゴはリズムが決まっているので修正が難しいそうです。またソロをつないでいくのも難しい原因とか…。どひゃ〜という感じで始まったスペイン奇想曲です(笑)
あ、バレエのドン・キホーテにもファンタンゴってありますが、またひとつ勉強になりました。

どきどきのカウントダウンは見事に大成功だったんですよ!すごい、本番に強い飯森さん、素晴らしい!!思わず声をあげてしまいました。大喝采の中ライトが消え、飯森さんが客席に静まるように合図。


  □ J.S.バッハ/グノー:アヴェ・マリア

2008年サイショの曲はアヴェ・マリアでした。飯森さんがオルガンの方を向きながら指揮台の手すり(何か呼び方はあるんでしょうか)に手をのせてまるでカウントダウンが無事成功したことを神に感謝しているかのようにたたずんでいた姿が印象的でした。私の勝手な思い込みかもしれませんが、なにか飯森さんの心情が手に取るように伝わってきて同調したような気がしました。本当にありがとうございます。
美しいアヴェ・マリアが終わると、舞台が明るくなり、飯森さんはヤッター!と両手をあげて喜んでいました。ヒロ・ナカムラか!と思ったのは果たしてあの会場に何人いたやら(笑)
分かる人にしか分からないネタでごめんなさい
いや、もうなんか飯森さんにハマりまくりな夜でした!


  □ レハール:オペレッタ「メリー・ウィドウ」より
    “ヴィリアの歌”“唇は黙っていても〜メリー・ウィドウワルツ”

緊張もとけて、安堵に包まれるなか楽しいオペレッタ。私もなんだかぐったりしてしまいました(笑)


アンコールではネズミのかぶり物をした人が3人客席から登場。ラデツキー行進曲。
観客も飯森さんの指揮に合わせて拍子をちゃんと合わせます。


***************************************


というわけで、大興奮のコンサートでした!楽しすぎ〜♪
素敵な2008年になりますように!

20080101002313

皆さんにも素敵な1年が訪れますように…

携帯で撮ったホールです。あまり綺麗な画像ではありませんが…

|

« A Happy New Year | トップページ | 初滑り »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜みなとみらいホール ジルヴェスターコンサート 2007~2008:

« A Happy New Year | トップページ | 初滑り »