« ブライアンのFP、そしてプレオベールの新プロ | トップページ | 自主練習@神宮外苑 »

2007年10月 4日 (木)

公式テーマソング決定

なんの公式かっていいますと…

スケートファンだと嫌〜な予感がするかもしれませんね(笑)



私の修士論文のBGMです!


なんだーって思われた方、すみません…
私は集中したいときはひたすらiPodで音楽を聴きながら何時間もパソコンや資料に向かうのですが、この音楽が肝心。何回リピートしても飽きない、作業自体の邪魔にならない、頭をクリアにしてくれる…などなど条件がたくさん。一番大事なのは、そのときの私の琴線に触れるかどうかということです。

以前は月に3,4枚はCDを購入していたんですが、ここ2ヶ月くらいあまりCDを買っていません。8月に購入したCDのレビューもそういえば書いていないですね。そのうち書きます、たぶん。今、ほしいCDもあるにはあるんですが、積極的に買う意欲がないんです。(クラシックでほしいのがあるので、それは近いうちに購入しようと思っているんですが)

たぶん、「スケートをする」ことにハマッたからかなと思います。関連性はあまりないようにも思うのですが、実際に身体を動かすことが大好きになってしまって、今、あまり音楽を身体の中に受け入れる状態にないのです。

とはいえ、やはり研究作業の音楽は欠かせない、ということで選んだのがGregory Lemarchalです。以前にこのブログでも紹介したフランスの歌手です。彼の2枚のアルバムをひたすらリピートしています。彼はポップスではあるのですが、どこかオペラ的な感じもします。彼の透き通った声を、あのまっすぐでひたむきな目を思い出し、「こんなところで怠けていちゃいけない、彼がきっと天から見ている、頑張らなきゃ」って思うのです。ま、ちょっと涙腺がゆるみそうになるところが作業に支障をきたすんですが(笑)。

思えば、2年前の卒業論文のときのテーマソングはDaniel Powterのアルバムでした。ちょうどデビューした直後で、まだ日本でも大々的に流行る前、アメリカンアイドルも放送前でした。日本でJames Bluntとともにはやり出したとたん、あまり聴かなくなりましたね(笑)。でも、卒論を書いていたときの私の状態にぴったりだったのがDaniel Powterでした。
ちなみに卒業制作のときはテーマソングはなかったものの、テーマドリンク(?)があって、リプトンのミルクティを毎日毎日飲んでいました。今でもリプトンのミルクティを飲むと、不眠不休で作業したあの日々を思い出します(笑)。


というわけで(?)、修士論文締切の来年2月まで、Gregory Lemarchalを聴いて頑張りたいと思います。ああ、時間がない…
研究にスケート(試合観戦も含めて)、濃い冬になりそうです。

|

« ブライアンのFP、そしてプレオベールの新プロ | トップページ | 自主練習@神宮外苑 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公式テーマソング決定:

« ブライアンのFP、そしてプレオベールの新プロ | トップページ | 自主練習@神宮外苑 »